ものづくり企業の販路開拓お手伝いします

大阪産業振興機構
文字サイズ
小
中
大
  • 国内取引
  • 海外取引
  • 設備の新設・更新
  • おおさか地域創造ファンド
  • 機構の概要

トップページ  >  イベントカレンダー  >  イベント・セミナー情報詳細

イベント・セミナー情報

イベント名 平成29年度大阪府立大学産官学共同研究会定例総会  特別講演会
ジャンル セミナー・講演会
開催日時 2017 年 06 月 26 日 14時50分~17時00分
場所 大阪府立大学中百舌鳥キャンパス C1棟学術交流会館 多目的ホール
(堺市中区学園町1-1)
内容 講演1 「自動車用内燃機関の進化とこれから」 …
     株式会社 豊田中央研究所 パワトレ制御研究室長 永岡 真 氏

 地球環境の保全のためにCO2排出量低減が社会的要請であるともに、世界各国において自動車の燃費、排気規制が今後も強化されていきます。自動車は内燃機関車(ICEV)と電気自動車(BEV)の間でハイブリッド(HEV)、プラグイン(PHEV)、レンジエクステンダー(REEV)さらに水素(FCEV)も含めて多様化する状況です。
 本講演では、こうした自動車の変革と内燃機関を取り巻く状況を鑑み、最近のエンジン燃焼技術の動向から内燃機関の将来の展望について、永岡氏にご講演いただきます。


講演2 「バイオ燃料の現状と課題」  …
     Bio-energy株式会社 R&D研究所 主席研究員 浜 真司 氏
          (※名字は環境依存文字のため、「浜」と表記しています)

 輸送用燃料として実用化されているバイオ燃料といえば、バイオエタノール(ガソリンの代替燃料)とバイオディーゼル(軽油の代替燃料)が挙げられ、既に世界中で利用されています。しかしながら、欧米に比べて我が国における実用化の取り組みは本格化しておりません。一方、他のアジア諸国の中には高い導入目標を掲げる国もあり、将来的にバイオ燃料の輸出国となる見通しであることから、日本だけに限らず広い視野で技術開発の枠組みをとらえ直す必要があります。
 本講演では、これらの研究の技術開発動向をご紹介しながら、バイオ燃料が抱える現状と課題について考えを深める話題を、浜氏よりご提供いただきます。
講師 内容に記載
参加費用 無料
定員 200名
申込方法 本研究会ホームページ申込みフォームよりお申込み下さい。
http://liaison-osakafu-u.jp/form
【申込み期限:平成29年6月21日(水)】
詳細URL http://liaison-osakafu-u.jp/sokai
お問合せ先 大阪府立大学産官学共同研究会事務局(工学研究科リエゾンオフィス内)
〒599-8531 堺市中区学園町1-1
TEL:072-254-7947 FAX:072-254-9903
E-mail:eng-ro@iao.osakafu-u.ac.jp
主催者 大阪府立大学産官学共同研究会

お申込み等は、お問合せ先へ直接ご連絡ください。