ものづくり企業の販路開拓お手伝いします

大阪産業振興機構
文字サイズ
小
中
大
  • 国内取引
  • 海外取引
  • 設備の新設・更新
  • おおさか地域創造ファンド
  • 機構の概要

トップページ  >  海外取引  >  イベント情報  >  イベント情報(セミナー、展示会・商談会)  >  詳細

イベント情報  詳細

イベント名 ≪BOI大阪共催≫第5回 アセアン地域における企業戦略構築セミナー「〜日本の中小製造業にとっての海外投資戦略を考える〜 タイ国投資最新情報と中小製造業のビジネスチャンス」
ジャンル セミナー・講演会
開催日時 2017 年 01 月 16 日 13時30分~16時00分
場所 マイドームおおさか 第1・2会議室
内容  英国EU離脱、米国新大統領の誕生と、不透明な状況が続く世界情勢のなか、日本の中小製造業の展開先として、また世界の成長センターのひとつとして、注目され続けるアセアン地域。 そのアセアンの中心でビジネスハブとして発展するタイ国の最新投資環境と企業の投資戦略をご紹介します。

 2017年、世界はどう動くのか。不透明な状況が続く中で、日本の中小製造業はどの国・地域へ注目し、展開していくべきか、その戦略を練ることが製造業にとって今後の生き残りの鍵といえるかもれません。アセアン経済共同体(AEC)が発足し注目が集まるアセアン地域は、今後もさらに成長が期待される地域として注目を集めていますが、なかでも地理的にその中心にあるタイは、アセアン地域全体の中心=ビジネスハブとしてだけでなく、インドや中東へのビジネス展開において、近年ますます戦略的な存在感を高めています。
 そこで今回はまず第1弾として、タイ王国大阪総領事館、タイ投資委員会(BOI)大阪事務所との共催のもと、改めてアセアンにおけるものづくり拠点としてのタイ国と、同国が目指す製造業の高度化政策「タイ4.0」について、BOI大阪所長のナルチャー・ルチュパン氏にご解説頂くとともに、自動車クラッチのTier1企業として、タイで10年以上、現地開発に携わってこられたエクセディタイランド前社長の鈴木様より、同社の世界戦略と現地進出中小企業の戦略について、ご紹介頂きます。
 さらに、タイ国の素材大手・サイアムセメントグループや、中小企業ながら高い技術力を持つC.C.オートパーツ社も来日。イノベーションによるタイ国での成功について、皆様ともディスカッションを行います。改めてタイ国を考えるこの機会に、是非ご参加下さい!


<プログラム>
13:30〜13:35 ご挨拶 タイ王国大阪総領事館 総領事 ドゥシット・メーナパン 氏

13:35〜14:15 講演1. 「アセアンのビジネスハブ・タイの最新事情と産業高度化政策について」
         タイ投資委員会(BOI)大阪事務所 
         所長 ナルチャー・ルチュパン 氏

14:15〜14:55 講演2.  「我が社のアセアン・タイ戦略と、タイ進出企業のチャンスと課題」
         株式会社エクセディ 
          生産技術本部 副本部長 鈴木 隆 氏

15:00〜16:00 ディスカッション: 「タイにおけるイノベーションと成功事例」
         (パネリスト)
         The Siam Cement Public Company Ltd. (サイアムセメント)
         C.C. Autopart Co., Ltd. (C.C.オートパーツ)

参加費用 無料
定員 80名
申込方法 定員に達しましたので、募集は終了致しました。多数のお申込み、ありがとうございました!
詳細URL https://www.mydome.jp/files/event/BOI_thai_2017_2.pdf
お問合せ先 (公財)大阪産業振興機構 経営支援部 国際ビジネス支援課 担当: 大地
TEL: 06-6947-4088
主催者 タイ王国大阪総領事館、タイ投資委員会(BOI)大阪事務所、(公財)大阪産業振興機構、UBM Asia (Thailand) [共催] 大阪府 [協力](独)日本貿易振興機構(ジェトロ)大阪本部、大阪商工会議所、大阪・海外市場プロモーション事業推進協議会

お申込み等は、お問合せ先へ直接ご連絡ください。

プリントする