ものづくり企業の販路開拓お手伝いします

大阪産業振興機構
文字サイズ
小
中
大
  • 国内取引
  • 海外取引
  • 設備の新設・更新
  • おおさか地域創造ファンド
  • 機構の概要

トップページ  >  海外取引  >  イベント情報  >  イベント情報(セミナー、展示会・商談会)  >  詳細

イベント情報  詳細

イベント名 【海外取引】国際ビジネスセミナー4 経済開放加速する”アジア最後のフロンティア”ミャンマーの今が分かる!「激動のミャンマー最新情勢とビジネスチャンス」セミナー開催
ジャンル セミナー・講演会
開催日時 2016 年 12 月 07 日 14時00分~16時00分
場所 マイドームおおさか 8階 第1・2会議室
(大阪市中央区本町橋2番5号)
内容 アウン・サン・スーチー氏率いる新政権発足で、さらなる民主化推進が期待されるミャンマー。
米・経済制裁解除、新投資法成立など、経済成長加速する同国の最新情勢と投資環境を解説!

 2011年の民政移管後、「アジア最後のフロンティア」として注目を集めてきたミャンマー。本年3月にはアウン・サン・スーチー氏率いる国民民主連盟(NLD)による新政権が発足、前政権以来進んできた民主化の動きがさらに進むことが期待され、アメリカは本年9月、20年以上に及んだ経済制裁を解除する方針を発表。また10月には長く改正審議されていた新投資法が成立し、同国における投資環境は急速に変わることが予想されます。各国企業への投資を呼びかけるミャンマーには、日本政府も同国と官民一体で「ミャンマー・ティラワ経済特区」をはじめとするプロジェクトで日本企業の進出を支援していますが、一方でインフラ面や現地調達など、同国固有の投資・経営上の課題は残っています。
 そこで本セミナーでは、民主化・市場開放で変化著しいミャンマーの最新情勢とその影響を、
前ジェトロヤンゴン事務所次長・水谷 俊博氏に、またアセアンの他のどの国とも異なるミャンマーの市場特性と進出企業のビジネスチャンスについて、ティラワ経済特区において日本企業のミャンマー進出現場を最前線で見続けているミャンマー・ジャパン・ティラワ・ディベロップメント社 現社長の梁井 崇史氏に、ご解説頂きます。
 ミャンマーの今を最も熟知するお二人のご講演に、是非ご参加下さい!

■内容:1.講演 <基調講演>
           「民主化・経済開放が加速するミャンマーの政治経済 最新事情」 (60分)
            日本貿易振興機構(ジェトロ) 海外調査部 アジア大洋州課 水谷 俊博 氏
     2.講演  「中小製造業のミャンマー進出におけるチャンスと課題
            およびティラワ経済特区の最新投資環境について」 (50分)
            Myanmar Japan Thilawa Development Ltd.社 社長 梁井 崇史 氏
            (ミャンマー・ジャパン・ティラワ・ディべロップメント社)
■申込締切日:12月2日(金)
■共催:(独)日本貿易振興機構 大阪本部、(公財)大阪市都市型産業振興センター
■協力:大阪・海外市場プロモーション事業推進協議会
     (大阪府、大阪市、大阪商工会議所、(公財)大阪産業振興機構、
     (一財) 大阪国際経済振興センター)
参加費用 無料
定員 100名(先着順) 
申込方法 受付は終了致しました。
詳細URL http://www.mydome.jp/files/event/myanmar-seminar_2016.pdf
お問合せ先 公益財団法人大阪産業振興機構
国際ビジネス支援課  
(担当: 松井、大地)
TEL: 06-6947-4088 FAX: 06-6947-4326
主催者 (公財)大阪産業振興機構、大阪府

お申込み等は、お問合せ先へ直接ご連絡ください。

プリントする