公益財団法人大阪産業振興機構会員規約

第1章 総則

第1条(会員規約)
「公益財団法人大阪産業振興機構ウェブサイト(http://www.mydome.jp)」(以下、「当サイト」という。)は、公益財団法人大阪産業振興機構(以下、「振興機構」という。)が運営するもので、本規約は当サイトを「公益財団法人大阪産業振興機構会員」(以下、「会員」という。)が利用するについての一切に適用します。
第2条(本規約の範囲と変更)
振興機構は、会員の了承を得ることなく本規約を随時変更することができるものとし、会員はこれを承諾することとします。
2 振興機構が当サイト上で随時会員に対して発表する規定は、本規約の一部を構成するものであり、会員はこれを承諾することとします。
3 本規約の変更については、振興機構が当サイト上に掲示した時点から効力を発します。
第3条(サービス内容)
  1. 1)各種メールマガジンの配信
  2. 2)その他付帯するサービス

第2章 会員資格等

第4条(会員)
会員は、当サイトにて前条に規定されているサービスを受けようとする方で、本規約を承認された方をいいます。
第5条(入会の承認)
振興機構は、本規約を承認して入会申込をされた方に対し、必要な手続等を経た後に入会を承認します。
2 会員には承認後にユーザーIDおよびパスワードを通知します。
第6条(入会の不承認および承認の取消)
振興機構は、入会申込をされた方が以下の何れかの項目に該当する場合、その方の入会を承認しないことがあります。
  1. 1)過去に本規約違反等で除名〈強制退会〉を受けたことがある場合
  2. 2)入会申込の際の申告事項に、虚偽の記載、誤記、又は記入漏れがある場合
  3. 3)他の会員に対し、信用毀損、名誉毀損に該当する行為を行った場合
  4. 4)本規則に違反した場合
  5. 5)その他振興機構が不適当と判断した場合
2 振興機構は入会承認後であっても会員が前項の何れかに該当することが判明した場合、承認を取り消すことができます。
3 振興機構が会員の入会を取り消した場合、会員から振興機構に提供された情報は一切破棄いたします。
第7条(会員譲渡禁止)
会員は、会員として有するユーザーIDおよびパスワードを第三者に譲渡若しくは使用させたり、売買、担保の設定等に供する等の一切の処分行為はできないものとします。
第8条(会員情報)
会員は、入会時に登録する全ての情報に関して、真実且つ正確な情報を申告するものとします。
2 会員が入会登録時に申告した会員情報は、次の目的に使用します。
  1. 1)メールマガジンの配信
  2. 2)当サービスに関わるご案内
  3. 3)前各号のほか、会員の事前の同意を得た場合
第9条(退会)
会員は、「更新・退会処理」画面で退会手続きを行うことにより、退会できるものとします。
2 会員が前項により退会手続きを行った場合、当該会員から振興機構に提供された情報は一切破棄いたします。
第10条(除名<強制退会>)
振興機構は、会員が以下のいずれかの事由に該当する場合、又はそのおそれがあると振興機構が判断した場合、当該会員へ事前に通告・催告することなく、かつ、当該会員の承諾を得ずとも、振興機構の裁量によりただちに当該会員を除名〈強制退会〉させることができるものとします。
  1. 1)本規約に違反した場合
  2. 2)登録情報に虚偽、過誤がある場合
  3. 3)第三者になりすまして会員登録を行った場合
  4. 4)会員が死亡した場合
  5. 5)登録された電子メールアドレスが機能していないと判断される場合
  6. 6)その他、振興機構が会員として不適切と判断した場合
2 振興機構が前項により除名<強制退会>を行った場合、当該会員から振興機構に提供された情報は一切破棄いたします。
3 第1項の場合において、振興機構が何らかの損害を被った場合、当該会員は振興機構に対して損害の賠償をしなければならないものとします。
4 振興機構は会員に対して、第1項の退会の理由を開示する義務を負わないものとします。
5 本条に定める除名〈強制退会〉により、会員と振興機構の間で締結された契約は解約されたものとし、当該会員は当サイトが提供するサービスを利用する権利を全て失うものとします。
6 会員は、会員資格を失った場合、第3条に定められたすべてのサービスを受ける権利を喪失するものとします。

第3章 会員の義務

第11条(自己責任の原則)
会員は、当サイトで中小企業の経営・創業等に関わる相談・質問を行う場合、会員氏名を明記してください。
2 会員は、当サイトへの相談、投稿その他の情報発信を含む当サイト内での一切の行為について責任を負うものとします。
3 会員が当サイト利用の際、第三者に対して損害を与えた場合、会員は自己の責任と費用をもって解決し、振興機構に迷惑をかけないものとします。
4 振興機構は当サイトに関連して発生した会員その他の第三者の損害に対し、いかなる責任をも負わないものとし、一切の損害賠償をする義務はないものとします。
5 会員が振興機構に損害を与えた場合、振興機構は当該会員に対して、振興機構が被った損害の賠償を請求できるものとします。
6 当サイトにおける相談内容及び質問内容については、振興機構は会員に対し誠実に回答しますが、その回答内容について法律責任を含む一切の責任を負わないものとします。
第12条(ユーザーIDおよびパスワードの管理責任)
会員は、自己のユーザーIDおよびパスワードの使用および管理について一切の責任を持つものとします。
2 振興機構は会員のユーザーIDおよび会員のパスワードが他の第三者に使用されたことによって当該会員が被る損害について、一切の責任を負いません。
3 会員はユーザーIDまたはパスワードを第三者に知られた場合、もしくはユーザーIDまたはパスワードが第三者に使用されている疑いのある場合には直ちに振興機構に申し出るものとし、その指示に従ってください。
第13条(内容の不保証)
振興機構は、当サイトにおいて提供される情報について、その真実性・完全性・正確性・適用性・有用性等いかなる保証をも行わず、一切の責任を負いません。
第14条(私的利用の範囲外の利用禁止)
会員は、振興機構が承認した場合を除き、振興機構を通じて入手したいかなる情報も複製、販売、出版、送信、放送、知的財産権の出願その他私的利用の範囲を超えて使用をすることはできず、また、第三者をして使用させることはできません。

第4章 運営

第15条(内容の変更)
振興機構は、会員への事前の通知なく、当サイトの内容を変更します。
第16条(サービス提供の中断・中止)
振興機構は、いつでも当サイトのサービスの提供を中断、中止することができます。
2 振興機構はサービス提供の中断、中止に伴い、会員その他の第三者が被った損害について一切の責任を負わないものとします。
3 振興機構は、当サイトにおいて提供される情報提供の遅延又は中断等が発生したとしても、会員その他の第三者が被った損害について一切の責任を負わないものとします。
第17条(他サイトへの接続)
会員が当サイトから他サイトへ接続した場合、本規約および他サイトの規約を遵守し、他サイトに一切の迷惑を掛けないものとします。
2 振興機構は、会員に対し、会員の引き起こしたトラブルにより振興機構が被った損害を請求できるものとします。
第18条(準拠法及び管轄)
当サイト及び本規約に関する準拠法は日本法とし、当サイト及び本規約に関して振興機構と会員との間で紛争を生じた場合には、振興機構所在地を管轄する裁判所を振興機構の合意裁判所とします。